canaria[カナリア] 導入事例

地方テレビ局様

超小型雲台+ハンディコントローラ

電動自転車+リモート雲台で レポーターが手軽にマラソン中継

地方テレビ局様に、カナリアの超小型雲台と可変速での雲台制御が可能なジョイスティックコントローラをセットでご利用頂きました。
電動自転車に取り付け、マラソン中継の収録にチャレンジして頂きました。

利用シーン

2014年3月2日に実施された某市民マラソンにてご利用頂きました。 電動自転車に雲台+カメラ、モニターとコントローラを取り付けて、走行選手の撮影を今回はじめてチャレンジされました。
家族で参加でき、景色を楽しみながら完走を目指す大会であったため、自転車の速度のほうが早くなってしまったことが理由で、撮影した映像をお使い頂けるような結果にはならなかったものの、手応えを感じて頂けたようです。
カメラはキャノンXF105を採用され、角度はカナリアハンディコントローラで操作。ズーム、録画などは専用のリモートコントローラで操作されました。
ハンディコントローラやモニタなど、電源が必要なものは、自転車前カゴにいれたバッテリーにつないで運用されました。

システム構成

導入製品
超小型雲台+ハンディコントローラ

システム概要図

感想

ご担当 鈴木様

自転車に実装してリポータ付としましたが、マラソン選手が多かったことや、本大会参加者の走行速度が、自転車走行の速度より遅めだったためうまく撮影できなかったところがあったようです。
モニターの見づらさ、振動の問題、コントロール等、課題があります。 今後も大会はありますので、また利用したいと思います。

ページトップへ
Copyright © canaria Inc. All Rights Reserved.