canaria[カナリア] 導入事例

Flamingo the Arusha様

超小型雲台4+4chコントローラ(LANC制御)

コンパクトで設置場所を選ばない スイッチャーと連動するライブ配信撮影システム

関西屈指の空間・設備を誇るライブレストラン「Flamingo the Arusha(フラミンゴ ジ アルーシャ)」様に、カナリアの超小型雲×4+4chコントローラ(LANC/AVR制御)をご導入頂きました。
天井高9m、2階席まで開放感溢れるステージには、メジャーアーティストも多数出演。連日、イベントやライブが行われており、雲台をつかって撮影したライブの模様はUSTREAMにて生中継配信されています 。

利用シーン

超小型雲台+ビデオカメラCANON XA25は、ステージの上手、下手、全景が撮影できるよう、4台をバランスよく設置。 パン・チルト、ズーム、録画スタート・ストップ制御を、4ch切り替えて操作できます。 また、これらは1本の制御ケーブルでまとめて操作できる上に、ビデオカメラの電源供給も行いますのでバッテリー切れの心配はありません。
映像はビデオカメラ本体から直接SDI出力し、スイッチャー Panasonic AG-HMX100へIN。モニタで映像をチェックしながらオペレーションされています。 スイッチャーで映像を選択しながら雲台の操作を行う必要がありますが、 視線を忙しく動かしているとどのカメラを操作していたか瞬時にわからなくなってしまいます。 そこで、スイッチャーのタリーランプをコントローラーに連動する特別仕様にカスタムしました。
カメラの固定に関しては、壁取り付け用金具を利用・工夫してお取り付けをされています。また、安定性確保と負荷抑制のため、一旦ネジを外して、金具の向き交換を実施されました。
カナリアのリモコン雲台をご利用いただくことで、観客のスペースを確保しながら、4カメをフルに活かしたスイッチング映像撮影をして頂いています。

システム構成

導入製品
超小型雲台×4+4chコントローラ(LANC制御)

システム概要図

感想

ライブシステム構築ご担当 撮影屋 安田さま

もともとSDの3カメシステムであったところを、HDシステムに更新することになり、 更新工事に伴い、リモコンで動かせるようにしたいとの要望がライブレストラン側からあり、機材を検討していました。 映像システムの設置場所がPAシステムの端であるため、かなりスペースが狭くそこにスイッチャーと、送出用のノートパソコンと映像確認用のモニターを置かなければならないため、省スペースで4台を制御出来るカナリアの4chコントローラを採用することに決めました。
使い勝手を考えて、スイッチャーと4chコントローラが連動する特注仕様に変更してもらったことで、採用してないカメラは急いで画角変更ができ、採用しているカメラはスムーズなリモコン操作をするという使い分けが出来るようになりました。
以前は三脚にカメラを載せていた為、 客席の一部を使わなければなりませんでしたが、リモコン雲台は恐ろしく小さくて設置場所を選びませんので、客席部分を使わないで設置場所を確保出来ました。

ユーザープロフィール

ニコニコ超会議2実行委員会
Flamingo the Arusha
http://www.flmg.jp/
〒556-0022
大阪府大阪市浪速区桜川1-7-27
ページトップへ
Copyright © canaria Inc. All Rights Reserved.